中山可穂「サイゴン・タンゴ・カフェ」角川書店(2008)

ホーム フォーラム チャット掲示板 中山可穂「サイゴン・タンゴ・カフェ」角川書店(2008)

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 ヶ月、 1 週前 Iwadare Tsukasa さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿

  • Iwadare Tsukasa
    参加者

    この掲示板が寂しいので、少々古いのですが本のご紹介を。
    中山可穂の短編集で、「現実との三分間」、「フーガと神秘」、「ドブレAの悲しみ」、「バンドネオンを弾く女」、「サイゴン・タンゴ・カフェ」の5篇が収められています。題名から推察されるように、作品は何れもストーリーの展開にタンゴが絡まり、「著者はタンゴを良く知っているなあ」と感じます。発行された当時(2008年)石川さんの掲示板に本書に関する記事を書き込んだら、石川さんが早速読んで「タンゴに関する記述がとても正確」という所感を寄せておられました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。