返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「El vinacho」(酔わなきゃ駄目だぞ)
Letra : Julio Navarrine (1889-1966)
Música : José Razzano (1887-1960)

酒呑みの掟を破るんじゃないぞ
カウンターに寄っかかって言うんだが
強いワインに酔わなきゃだめだ なあ若いの
赤で強ければ強いほどいい

ワインの色なんぞで議論をするんじゃねえ
酔った奴がやってきて 
お前にこれは良い赤だと言ったら
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

馬で当ててほろ酔いで食堂に入ったら
ケチな店でもましな店でも
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

ウイスキーはイギリス人に
シャトーものは“ドクター”に
女の子にはリカー
グラッパは酔っ払いに
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

なにか悩んでる奴にはフェルネットが効くそうだ
暑さにはビールだぜ
子供には冷たいミルクさ
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

色恋沙汰に巻き込まれて
好い女の子がお前にちょっぴり惚れてくれたら
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

流しが唄を唄わずに 
警察署長でも“ドクター”でも
ジンを呑む奴が居たら
躊躇わずに軽蔑しろよ
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

お前がすこし疲れていて
アクセルが効かずエンジンが掛らん時は
どんなに頑丈な車でも駄目なんだ
お前は酔わなきゃだめだ
赤で強ければ強いほどいい

邦訳:大澤 寛