返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「El Once」(11番街)
Letra : Emilio Fresedo (1893-1974)                  
Música : Osvaldo Fresedo (1897-1984)

あなたの悩みが風に乗って拡がらないようにしなさい
聞く人にしてみれば他人事なのだから そうでしょう
誰かが手を差し延べて悩みを和らげてくれることなど願わないことです
ただ“可哀そう”と言われるだけで 後は“それだけ”なのだから
だからわたしは楽しむのです 悩みたくないのです
人生を苦いものにする嘆きを聞きたくないのです
そんな嘆きが消えてしまって 何もかも癒してくれる忘却が来ることを
望むのです それが一番良いことなのですから

安らぎを求めるのなら 泣いてはいけません
強くなる術を学びなさい 苦しみを殺しなさい
お酒を飲んで微笑みなさい
あなたの心が愛を求めて踊り出すように
葉巻の煙や 酒場の灯り 漂う雰囲気が
忘れさせてくれるから
あなたの傍にも 遊び心を持った
そんな生き方をする人たちが 居るかもしれない

みんな黙っていないで楽しむのです
たとえほんの僅かの間でも 一緒に歌うために
覚えて置きなさい 人生に何か値打ちのあるものがあるとすれば
それは人生をより楽しむ人のものです
楽しいものを見て 悪い方にものを考えないことです
あなたの顔のしわが寄るのを早めてはいけません
何事もなるがままにして 歳をとるのを急がないように
あなたが感じたことなど 他の誰にも関係ないのだから

邦訳:大澤 寛

(Enrique Santos Discépolo の生まれた町の名がEl Once. この曲は彼に捧げられたものという。 出典:LP “Tango argentino” Atilio Stampone & his orquestra AFLP 1880 の曲目解説・英文)