返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「El bulín de la calle Ayacucho」 (アヤクーチョ街の小部屋)
Letra : Celedonio Esteban Flores (1896-1947)
Música : José Servidio (1900-67) y Luis Servidio (1895-1963)

邦訳の対象とした歌詞の歌われている順序はガルデルが1925年12月25日にBarcelona ODEÓN に収録したもの。
(todotangoに収録されている) 訳詞には便宜上番号を付けた。この順番で歌われていないものがあるため。


アヤクーチョ街で借りていた小部屋
俺が遊び暮らしていた頃の
夜になると 仲間たちが
賭け事をやりに来たものだ
大勢の若者が 
長い貧乏暮らしの中で パンとベッドに
あり付いたその小部屋は
怒って 泣いているように見える

灯油を使う湯沸かし器*は                   primus : 灯油を使う湯沸かし器の商標だったのだろう
いつも俺に強い酒をくれたものだ
そして熱い湯があると
マテ茶が鎮座していた*ものだ       el mate era allí señor : マテ茶がその場の主人公だったということか
何時も必ずギターがあった
上手く弦が張られて 綺麗に磨いてあった
そして誰かが必ず 鼻に掛った声で
女たらしの恋歌を歌っていた

あの共同(な)住宅(がや)の奥の
絨毯も無い 贅沢なものもキラキラしたものも無い
貧しく散らかった小部屋
ここで俺はどれほどの楽しい日々を過ごしたことか
俺のものだった 甘えん坊の 真面目な女の子の
熱い愛を受けて
その娘(こ)は 冬の 嫌な或る晩
ひと飛びに空へ去って行った

何もかもが 人生が俺を苦しめる
想い出なのだ
だから俺は 人生を
賭け事と 愚かな 淋しがりやで過ごしたのだ

仲間たちは離れて行った
俺がこんなに悩むのを見て
そして俺は 悩みを詰め込んで
この部屋で過ごしたのだ

アヤクーチョ街で借りていた小部屋
貧しく 寂れて 今もある
だけど もうあの夜遊び人の歌い手が
間違えて調子を合わせるのを聴くこともない
そして そこに仲間が喜んで集まった
あの湯沸かし器がマテ茶を沸かすこともない
そして あの馬鹿騒ぎをした男は
泣いて涙が枯れている

邦訳:大澤 寛

rana : individuo divertido
timbear : jugar por dinero
racha : ひと続き・一連  una racha de éxitos
marroco : (ル)= marroque = pan
gangoso : 鼻声の・鼻にかかった hablar gangoso
mistongo : (ル)= humilde, pobretón, muy pobre casi miserable
cabrero/a : persona de mal character, enojadiz // disgustado, enojado
rante : = atorrante = se aplica personas y cosas, fuerte connotación despectiva
empollar : (ス)詰め込み勉強する・ガリ勉・猛勉強する  ここから“詰め込む”
pava : マテ茶用の湯沸し・薬缶