返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「El aguacero」 (にわか雨) 1931
Letra : José González Castillo (1885-1937)
Música : Cátulo Castillo (1906-75)

淋しい大地の広がりを 遠くへ遠くへと* *legua は昔の距離の単位 1legua = 約5572m
前足で地面を掻く*ように歩く運命に逆らうように         *trenzar は馬術用語で“前足を掻くように歩む”
きしんだ音を立てて 牛車は道を辿って行く
白い卵の殻*を敷いたような道を                            *cascarrón の含意は不明

牛車の車体がきしむ時
それは嵐が来る予兆(まえぶれ)
冷たい風が吹いて 荒れた土地が騒ぐ
鳥たち*は騒いで 嵐は大きいと告げる      *hornero はセアカカマドドリ 馴染みが薄いので“鳥たち”とした

そして 大草原(パンパ)は
空から吊り下ろした
太陽に向けて拡げた 緑のハンカチ

人生が 時々 そうなるように
影も無く 傷も無く
悩みも 愛も無い

峡谷(たにあい)から吹いて来る風は
濡れた地面を喜ばせる

そして 老いた牛飼いの歌には
アンデスの冷たい風*が                     *pampero はアンデスからパンパに吹く冷たい西風
悩みを吹いているようだ

突然 嵐が来た
そして雨は 
際限(かぎり)なく拡げたカーテンのようだ
牛たちは 埃っぽかった道で
満足した声を上げる 歩き出したいと言うように

鳥*の歌は                   *tero も鳥の名 タゲリの一種 これも馴染みが薄いので鳥として置く
にわか雨への歓迎*の挨拶    *Bien haiga は俗語でBienvenido
今はもう 道を辿る淋しさは それほどではない
牛車の梶棒を握って 
牛飼いは歌い出したくなる

ランガライ* 背中が斑(まだら)の老いた雄牛                        *Langalay は牛の名前か?
同じ苦しみを持つ
押し黙った相棒*                           *aparcero は“小作人”だが道連れ・相棒・仲間

俺たちは同じ頸(くび)木(き)で繋がれた
歩いて 歩き続ける重い運命の道に

何処へ行く? 斑の雄牛よ
牛飼いに 後を追われないようにな!

そして大草原(パンパ)は
空から吊り下ろした 泣き出しそうな
緑のハンカチ

邦訳 : 大澤 寛