返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Desde el alma」 (心の底から)
Letra : Homero Manzi (1907-51)
Música : Rosita Melo (1901-81)

心よ、そんなに傷ついて
何故忘れようとしないのだ
失くしたものを嘆いたり
失くしたものを探したり
死んだものを呼び戻そうと
そんなことばかりしたがるのだ

無駄に嘆いて生きるとは
好い子でいるのは罪なのか
実にお前がそうだった
愛に向かって好い子でいたな
その罪に嘆きで報いることはない

初めは好い子でいたけれど
あとで好い子をやめたのだ
そして犯した過ちで
お終いに苦い心の夜が来た

そんな手紙は捨てなさい
昔の夢に戻りなさい
人生と言うものは
傷口を広げる苦しみと一緒に
新しい愛を連れて来るから

邦訳:大澤 寛