返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Cosas olvidadas」 (忘れられたことども)
Letra : José María Contursi (1911-72)
Música : Antonio Rodio (1904-80)

長い 長い時が過ぎて
今になってようやく 再たお前と話が出来る
お前の声が聴けるとは 何と素晴らしいことだろう
昨日のことみたいだ
判るな 俺はずっと歳をとった お前は あれほど
あれほど俺を愛したあの頃と変わらないけど
もう何も残ってない 何もかも去(い)ってしまった

忘れてしまったことだよ
あの昔の愛の出来ごとは
良かった日々を思い出すと
俺たちの目は濡れて来る
忘れてしまったことだよ
色褪せて戻って来るのは
そして俺たちの孤独な暮らしの中で
心の傷を広げるのは

今のお前の声には
苦しみと憂鬱(うれい)が悲しく響く
その声の魔力に
俺の心は泣くまいと努める
俺たちは 二人共 傷ついたのだよ
失った時を呼び戻そうとして
そして心は 思い出すことの悲しみに
扉を開いたのだ

邦訳:大澤 寛