返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Caminito」1926(小径)
Letra : Gabino Coria Peñaroza (1889-1975)
Música :Juan de Dios Filiberto (1885-1964)

時は流れ 消えた小径
昔二人で 歩いた小径
ここに来るのは これが最後
運の悪さを 話しに来たの
あの頃は 小径よ お前も
色んな花に囲まれていた
お前もすぐに影になる 
わたしみたいな 影になる

あの人が居なくなってから
私は淋しく暮してるの
ねえ 小径よ
わたしも行ってしまうわ
あの人は居なくなって
二度と帰って来なかった
わたしも後を追って行く
小径よ さよなら

昔いつも午後になると
愛を歌って歩いたもの
もしあの人が戻ってきても
お願いだから 言わないで 
わたしが泣いて歩いていたことを

時は流れ 消えた小径
今は薊が生え茂り 
どこだったかも判らない
おまえの傍で死にたいわ
一緒に 時が消してくれたらいい

邦訳:大澤 寛