返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Callecita de mi barrio」(私の町の小路)
Letra : Enrique Pedro Maroni(1887-1957)   
Música : Alberto Nicolás Laporte (n/d) + Otelo Gasparini (n/d)
私の町の 小さな通り
私の愛を知ってる小路
良い時代には そこは楽しみ 
私の 唯一のあこがれだった
私は今 お金持ちの気分だが
運命に 逆らってばかりいる
お前に会うために戻って来た
下町の 私の小路よ

タンゴと酒に 過ごした夜に
私の心は 幾度思い出したことだろう
人に語るほどの悩みも無しに生きていた
あの頃のことを
贅沢に暮らしていたけれど
ひと刷けの 悲しみの雲が 
私を泣かせたものだった

流しの詩人の弾くギターが
愛の全てを 飾り格子に撒き散らす
そしてあの町の とても古い家には
深い想いが 息づいている
今は懐かしい街灯の灯りで
物言わぬ影に占う
私の心を夢で満たす
盗まれた愛の噂を

私の町の小路よ
いつでも誰にも優しかった
私に不幸を招く場所の灯が
私にお前を捨てろという
だけど別れる前に
じっと静かにお前を見つめて
悲しくて泣きながら出て行こう
私の小路よ あの下町の                   邦訳:大澤 寛

Cortada :Calle corta, de una o muy pocas cuadras. Generalmente son angostas.
Bacana : Fem. de bacán en los siguientes casos.// Mujer, por antonomasia. // Concubina, respecto de su hombre.
Antonomasia : 換称・代称、普通名詞・形容詞などを固有名詞の代りに用いること、またはその逆  Sócrates = el Filósofo un hombre cruel = un Nerón
por antomasia : 言わずと知れた・まさに、 とりわけ
a golpes : 叩いて・ぶつけて、 無理に・力づくで、 断続的に・ひと塊りずつ
     andar a golpes : けんかばかりしている・逆らい続ける