返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Abandono」 (荒れた心)(1937 ?)
Letra : Homero Manzi (1907-51)
Música : Pedro Maffia (1900-67)

(Mercedes Simone が歌うテキストで訳した。女歌として訳したが男性も歌っている。Oscar Alonso + Carlos García, Héctor Farrel + Pedro Laurenz など)

あの想い出の風が吹いて来る
私の荒れた心の片隅に
そして風が立てる昔の埃の中に
あなたの愛も戻って来た
私は知らない あなたが幸せに暮らしているのか
世間に負けて 
生きる気持ちを失くして
死ぬことの安らぎを求めているのか

何故あなたが居ないのか それは私が悪いのか
思い出さねばならない苦しみ
私を咎める昔の夢を
許してはくれない叱責*を                           *mano : 叱責・罰、 (一連の)殴打
あなたの影と一緒に居ることのいつもの*苦しみを         *amigo : 慣れ親しんだ・癖になった・いつもの
あなたが良い人だったと知った後悔を
幸せな過去(むかし)からしつこく戻って来る疲れた声が
あなたを呼ぶのを遠く聴く苦しみを

私はもう 私の壊れた人生に
あなたが帰って来る夢は見ないし
あなたの心の動きの中へ
歩いて行く気にもならない
ただ私が願うのは もしあなたも
荒れた心の重荷の中に居るなら
その重荷の中に私を忘れて欲しいことだけ
つまるところ 今の私を見て欲しい

あなたが居ない 戻っては来ない苦しみ
あなたが来ない苦しみ
私の荒れた心に届くたびに
私を咎める声を聞く苦しみ
あなたの影と一緒に居ることのいつもの苦しみを
あなたが良い人だったと知った後悔を
幸せな過去(むかし)からしつこく戻って来る疲れた声が
あなたを呼ぶのを遠く聴く苦しみを

私は知らない あなたが幸せに暮らしているのか
世間に負けて 
生きる気持ちを失くして
死ぬことの安らぎを求めているのか

邦訳 : 大澤 寛

「Abandono」 というタイトルは邦訳し難いもの。
辞書的には“放棄・放置、遺棄”、“自暴自棄”、“投げやり・だらしなさ・荒み” などがある。ここは“荒んだ・荒れた心” として置く。

(使用した原詩はTodotangoから)
Llega el viento del recuerdo aquel
al rincón de mi abandono
y entre el polvo muerto del ayer
también volvió tu querer.
Yo no sé si vivirás feliz
o si el mundo te ha vencido
viviendo sin querer vivir
buscás la paz de morir.

Duda de tu ausencia y de mi culpa
pena de tener que recordar
sueño del pasado que me acusa
manos que no quieren perdonar,
dolor amigo de estar con tu sombra
remordimiento de saberte buena
dolor lejano de oír que te nombran
las voces muertas que se obstinan en volver.

Ya no sueño que retornarás
al fracaso de mi vida
ni tampoco que en tu palpitar
tendré un afán para andar.
Sólo quiero que si estás también
en la cruz del abandono
sepas olvidarme en su perdón…
Total, mirá lo que soy.

Pena de tu ausencia sin retorno
pena de saber que no vendrás,
pena de escuchar en mi abandono
voces que me acusan al llegar.
Dolor amigo de estar con tu sombra
remordimiento de saberte buena
dolor lejano de oír que te nombran
las voces muertas del ayer feliz.

Yo no sé si vivirás feliz
o si el mundo te ha vencido
viviendo sin querer vivir
buscás la paz de morir.