返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「A través de los años」(歳月の過ぎ行くままに)
Letra : Homero Manzi(1907-51)
Música : Pedro Maffia (1899-1967)

歌詞 聴き取り 
(LP RCA-CAMDEN CAL-3096から orq/P.Maffia  c/Félix Gutiérrez gr.04.OCT.1934)

Ya no habré de encontrarte en la tarde
Tu canción se apagó en mi destino*         *destino と聞こえるのだが不確実
Y en la cruz de cansados caminos
Se borró tu perfil de mujer
Novia fiel que se fue sin tragedia
Sombra gris que partió sin rencores
Te mentí sin maldad y en amores
Y al final sin dolor te olvidé

もう私が 昼さがりにお前に会うことは無い
お前の唄は 私の運命の中に消えた
疲れた道程の 十字架の中に
お前の 女らしい横顔は消えた
嘆き悲しむこともせず立ち去った 誠実な恋人
恨みを遺すこともなく去って行った 暗い影
私はお前に嘘を付いた 悪気はなく 愛の最中にも
そしてついに 悩みもせずに お前を忘れた

聴き取りと邦訳:大澤 寛

 ここでは短くestribillo 風に歌われているが、Homero Manzi のこの詩はもっと長いものではないだろうか? 
ご存知の方はお教え下さい。