返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Cada día te extraño más」 (日毎募る想い)
Letra : Carlos Bahr (1902-84)
Música : Armando Pontier (1917-83)

俺の日常(くらし)から お前を消してしまいたかった
そう考えるたびに 何時も心にお前が現れる
俺の気持ちを黙らせたかった
何でもない振りをしながら
お前の思い出を追い払いながら
俺が隠している この愛の叫びを
強い願いを込めて 押し殺そうとして来た
しかし いつも夜が来ると 俺の努力は空しく
俺の心の声が 俺を黙らせて置かなかった

日毎に強く お前に対する愛が募る その中でお前を呼ぶ
日毎に強く どうしても お前に居て欲しくなる
過ぎて行く日の中で 残酷な執拗(しつこ)さで
お前の姿が大きくなる 大きくなって遠ざかる
判っている もう遅過ぎるのだ 俺は独りになった
傍に居るのは 自分(おのれ)が犯した過ちだけだ そして日毎に強く お前に居て欲しくなる

行き当たりばったりに 彷徨(さまよ)い歩いて来た
無駄なことだが お前を忘れてしまおうと 
自分(おのれ)の夢を騙したかった
お前の想い出に繋がれてはいないと嘘をつきながら
何でもない振りをして 俺の心を 良心を
押し殺そうとして来た
しかし今夜 お前を思い出して泣きながら
心を黙らせることは出来ないと判った

邦訳:大澤 寛