返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Ausencia」(1920)(お前が居ないと)
Letra:Francisco Nicolás Bianco (1894-1960)
Música:Carlos.Gardel (1890-1935)+ José.Razzano (1887-1960)

お前が居ないと眠れない
ひっきりなしに傷ついて
お前の名前を思い出す
愛の渇きは止めどなく
泣くことなどは無駄なこと
悩みの安らぐ術もなく
打ちひしがれた俺の身に
愛の玉座を打ち砕く

早く帰って来てくれよ
俺の悩みを消してくれ
お前が居ないと俺は死ぬ、ああ
お前を求めて俺は泣く
誰も涙を拭いてはくれぬ
俺は彷徨うあてどなく
何を信じることもなく
ひたすら悩みに立ち向かう
助けは天にあるばかり
お前の帰りを待つばかり

俺の気持ちは昔も今も
優しいのだがお前の方は
愛することを知らないで
なあ、お前、俺はお前に何をした?
これほど俺を悩ますような
泣くことなどは無駄なこと
悩みの安らぐ術もなく
打ちひしがれた俺の身に
愛の玉座を打ち砕く

邦訳:大澤 寛