返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

Amar y callar (1972)(愛と沈黙)
Letra y Música : Nelly Omar (1913-) + José Canet (1915-84)

いつまでも俺の命はお前のもの
いつまでも俺の命はお前にやる
そんなことは出来っこないと言われても
いつまでも俺の命はお前にやる
海辺に唇づける波のように
花に唇づける微風(そよかぜ)のように
お前が何処へ行こうと
俺は必ずお前を愛して 
お前の悩みを和らげよう

お節介な誰かが お前に
俺を愛しているのかと尋ねたら
口では違うと言えよ 俺なんかを愛してはいないと
だけど心の中では繰り返してくれ 愛していると
だけど心の中では繰り返してくれ 愛していると

こうした愛のもつれの中へ 二人はいつも
二人の間の秘密を隠し持って行った
俺が悩んでいるかいないかを 誰にも知られないように
惚れているのが誰なのかを 誰にも知られないように
心の奥にしっかりと隠しているのが とても素敵なことだから
お前に対するこの俺の愛を
深い悩みであるこの俺の愛を

邦訳:大澤 寛

この歌は「Que nadie sepa mi sufrir」(知られたくない私の悩み)に何となく似ている気がする。