返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Whisky」(ウイスキー)
Letra y Música : Héctor Marcó (1906-87)

判ってるぜ あの娘(こ)を思い出して泣いているな
お前は恋狂いだ あの娘がお前にしたみたいな初(うぶ)で甘い唇付けはもうない
判ってるぜ お前は馬鹿みたいに 心を傷めつけている
判るんだ 俺だってお前と同じ悩みを 心にしまって生きて来たんだ

おい臆病者 何故悩んでるんだ?
おい臆病者 歌でも歌って生きろ
元気を出せ 世の中はそんな生き方がしたい馬鹿ものたちを詰め込んだ車みたいなもんだ
さあさあ あの娘が笑ってるのが判らんのか?
この世は 泣くためにあるんじゃない
さあさあ もう一杯ウイスキーを飲(や)れよ
いずれにせよ死神が俺たちを狂わせるんだ

判ってるぜ お前は部屋からあの娘の想い出を消そうとしてるな
だけどなあ どこの隅っこにもあの娘の想い出は現れるぜ
そしてお前の心にまた入りこむのさ
判るんだ 俺もお前と同じようにそんな悩みを持ってるんだ
だけどなあ それは黙ってる方がいい
慰めにはならんのだし 俺もお前も泣くだけだからな

邦訳:大澤 寛