返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Una lágrima tuya」(君の涙の一(ひと)滴(しずく))
Letra : Homero Manzi (1907-51)   Música : Mariano Mores (1918-2016)

(この歌を聴いたら
多分お前は判るだろう
お前の涙を
私が忘れなかったことを
私が忘れなかったことを)

君の涙の一(ひと)滴(しずく)
私の心を濡らしてる
月が山の端(は)辿るころ
お前は悲しみこらえつつ
ハンカチ濡らして泣いたのか
私の名前を呼びながら
私の名前を呼びながら

あの世からお前の唄の
悲しく想いの籠った声が
私にさよなら告げに来る
鐘の音の震えの中でその声は
お前の唄のその声は
お前と過ごしたいつもの朝の
光に満ちた青空を
私に思い起こさせる
otra vida : あの世、来世
君の涙の一(ひと)滴(しずく)
私の心を濡らしてる
ギターの絃が嘆く間も
私の唇(くち)は閉ざされて
お前の髪の傍らで
もう唄い出すことはない
お前に愛を告げながら
お前に愛を告げながら

邦訳:大澤 寛