返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Sonata」(1937)
Letra : Enrique Lary (n/d-1970)
Música : Agustín Magaldi (1898-1938)

Llueve y el agua al canturrear    雨が降っている そして雨だれが 
su sonata en mi balcón         私のバルコニーで ソナタをハミングして
trae su tristón tic tac.          ポツンポツンと淋しげな音を立てる
Honda desesperación,          私は深い絶望に沈む
yo sentado en mi sillón,         古いストーブの
frente al fuego lento            弱い火の前で
de la vieja estufa.              肘掛椅子に座って
Me muero pensando en ti        お前を思うと死にそうになる
y tu visión junto a mí           私の傍で お前の幻が
acompaña mi sufrir.            私の苦しさに寄り添って来る

Que fatal melancolía            なんと酷い憂鬱な気分にさせるのだろう
trae esta cruel melodía,          この残酷なメロディーは
tal vez su monotonía            多分その単調さで
viene a mi vida burlándose.       私の命を嘲笑(からかい)に来るのだ
Tiemblo al pensar si me mata      この呪われたソナタが
esta maldita sonata,             私を殺すと思うと 震えが来る
su canto es dolor, desdén,         その歌は 悩み 軽蔑
son lágrimas de mi corazón,        私の心の涙なのだ

Sigue la lluvia en el cristal,        雨は窓に降り続く
repiquetea la canción            雨だれの歌は しつこく
su persistente tic tac.            ポツン ポツンと音を立てる
Dice tu nombre, mi amor,          その歌はお前の名を呼ぶ お前の
amor, amor que perdí,            お前 私が失くしたお前の
cuando tan cobarde llegó          あの午後 あんなにもひっそりと
aquella tarde la muerte           死が お前の声を押し殺しに
ahogando tu voz                やって来た時に
y la lluvia igual que hoy           そして雨が 今日と同じように
más volcaba su oración.           激しく祈りを吐きだしていた

邦訳:大澤寛

canturrear : ハミングする・鼻歌を歌う
tristón : 少し悲しそうな、淋しがり屋の
tic tac : ここでは時計のチクタクではなく、雨音のポタリポタリ、ポタポタ、ポツリポツリ
vision : ここでは幻影・幻覚
desdén : 見下した無関心・軽蔑