返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Soñar y nada más」(夢だけを見よう)
Letra: Ivo Pelay (1893-1959)
Música: Francisco Canaro (1888-1964)

愛の夢を見ているのなら 眼を覚まさないで 
綺麗なお嬢さん 愛することは 夢見ることなのだから

眼を覚ますのは 夢を壊して 闇の中に 
苦い現実を見つけるだけ
夢見て生きているのなら 眼を覚まさないで
貴女の夢に 嘆息(といき)が近付いて 貴女を黙らせても
貴女の心には 太陽がいっぱいあるのだから

夢だけを見よう 夢の世界では
夢だけを見よう うっとりした愛の世界では
彼は貴女のものだと 
貴女のために生きているのだと夢見て
いつも夢だけを夢見よう
愛の世界では 目覚めは悲しいと言うから
夢だけを見よう 静かな夜には
愛と幸せとが 不思議に溶け合って
素敵に輝く星の世界へ飛んで行くから
そこには永遠(とわ)に変わらぬ理想が住むのだから
夢だけを見よう

愛を夢見るなら 眼を覚まさないで
間違いなく 夢見ることは生きること
貴女の心が優しさを垣間見る間 綺麗なお嬢さん
世の中は幸せなのだから
眼を覚ますのは 希望を殺すこと そして
酷い現実に立ち向かうこと
だから私は 貴女に夢を見ていて欲しい
決して 夢で泣くことはないのだから

邦訳:大澤 寛