返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「San José de Flores」(サン・ホセ・デ・フローレス)
Letra : Enrique Miguel Gaudino (1899-1974)
Música : Armando Acquarone (1891-1975)

今お前に会うのは辛いなあ フローレスの街よ
うろつき回る餓鬼の俺が 遊んだ街角も
古びた想い出も 果てしないロマンスが
生まれる恋物語も
俺はこの街で生まれ この街の舗道で育って
ある日巣立ちをしたのだ 勝つことを夢見て
そして今戻って来た 貧しく敗れて 
悲しみを背負い 長い彷徨(さすらい)に疲れて

幸せも運も俺を避けて通った
多くの不幸と苦しみの中に
夢の破片(かけら)を撒き散らして 
もう一度お前に会いたいという 聖(きよ)い希いを抱いて
見知らぬ土地で 俺は運命と戦った
真っ直ぐに 後戻りせず 嘘をつくことを知らずに
そして疲れ果て この上なく貧しくなって
故郷へ向かったのだ そこで死ぬつもりで

これほど帰りたくなったことはない
もう一度お前に会って 今 俺は泣き出し
俺の唇は 震える祷(いの)りのように言い出した
“これは俺の街ではない どこかへ移(い)ったのだ”と
ここに留まって 昔の名残の中で死にたいけれど
仲間たちも 家庭も 何もかも失くしたのだ
何もかも 
だからもう一つ傷を負っても構いはしない
彷徨(さすら)うのが俺の運命なのだろう

邦訳:大澤 寛