返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Por la vuelta」 (再会を祝って)
Letra : Enrique Cadícamo (1900-99)
Música : José Tinelli (1911-70)

外は夜で あんなに雨が降っている
傍に来てよと お前は言った
今日のお前の言葉は マントのようだ
親しみの 優しいマント
あなたのグラスはこれよと言って注いでくれた
一緒に飲みましょう 昔馴染みよと
小さなシャンパングラスを挙げて
お前は言った

歴史は再た繰り返す
俺の可愛い金髪の人形
変わらない愛 変わらない雨
変わらない 変わらない狂った希(ねが)い
“覚えてるかい?” 丁度1年前
俺たちは別れたのだ 泣かずに
騒ぎもせずに 傷つくことなく
あっさりした別れだった
二人とも賢くて

あなたのグラスはこれよ!そして再た
二人は 再会を祝ってグラスを挙げた
お前の赤い 祈るような*唇が
華奢なバカラ・グラスを飲み干した
そして 多分泣くのを堪(こら)えながら
ずっと居てよと お前は言った
外は夜で あんなに雨が降っている
そして お前は泣き始めた
邦訳:大澤 寛
*Oferente : 普通の訳語は「提供する・贈る・奉納する(人)」だが、現代スペイン語辞典(白水社)の訳語「神に祈りを捧げる(人)」を採用した。
タンゴでは珍しい男女の幸せな再会を描いたCadícamoの美しい歌詞。 対局にあるのが 「Volvió una noche」 の世界だろう。