返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「No hay otro Carlos Gardel」(ガルデルがもう一人居るわけがない)
Letra : Alfredo Santos Bustamante (n/d)             
Música : Ángel Mazzola (n/d)

俺は怒って悲しんでいる
こんな話があるものか
そんな原因(わけ)で俺の心は
苦い思いに満たされる
誓って言うぞ 馬鹿げたことだ
あんな話を真に受けるのは
アルゼンチン人の風上には置けぬ
そんな話を造った奴は
俺に届いた馬鹿な話は
もうひとりカルロス・ガルデルが居ると言う

ガルデルがもうひとりだと! 糞喰らえ!
何たる嫌みか 向こう見ずなのか
面白くもなく根拠(いわれ)も無くて洒落にもならん
もしガルデルが現在(いま)生きてたら
もしカルロスが死んでなかったら
俺は迷わず断言するぞ
真似をしている連中は
今頃港でひしめき合って 
荷物担いでいるだろう

ガルデルは 慰めにもならんけど
あんな賢い男だったんだ
だから或る日契約を結んで
天国へ歌いに行っちゃたんだ
俺たちゃ喪に服しているけど
安心しても居られるんだ
何故ならあの威勢のいいモローチョは
溢れんばかりの笑顔を見せて
天国へ運んで行ったんだ
我が下町のガウチョの歌を

小首かしげた鍔広帽子
胸には白いハンカチ挿して
そしたら権利があるものと
あのモローチョを押しのける
フランス風のパンタロン
いとも易しく軽やかに
ポスター観ながら真似するように
考え違いをするじゃない
たとえ千年経ったとしても
ガルデルがもうひとり生まれはしないんだから 
(斜体部分が Tangueando en japón 第32号掲載の拙訳「カルロス・ガルデル」第3章に引用されている)

だから俺は怒ってるんだ
このしょうもない作り話に
縋りつきたい気持ちもあるが
ぶっ壊してやるぞ俺は本気だ
かなりの出来だとしても偽物ってのは嫌なんだ 
ガルデルに立ち合い人になって貰って
俺の怒りが正しいことを
お袋にかけて誓うぞ
ガルデルがもう一人居るわけがない!

邦訳:大澤 寛

CD Jorge Vidal “Recordando Exitos” EMI-DBN 7243 4 77594 2 0杉山さんからご教示を受けた)