返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Mocosita」 (モコシータ)
Letra : Víctor Soliño (1897-1983)
Música : Geraldo Hernán Matos Rodríguez (1897-1948)

打ちひしがれて 心は痛み
希望(のぞみ)はなく 生きることに嫌気がさして
痛む心に安らぎはなく
哀れなパジャドール*は
その小部屋ですすり泣いている
*payador : payada(パジャーダ)=ボリビア・チリ・ラプラタ地域で即興的に歌われる民謡を歌うガウチョのこと。
吟遊詩人、流しの歌い手、などと訳される。

ギターは片隅に見捨てられ
釘に掛けてある
もう そのパジャドールには
ギターの音などどうでもいいのだ
ベッドに横たわって 泣くだけだ
時々 こんな歌が聞こえるだけだ

   俺のモコシータ*よ
   俺を死なせないでくれ
   この部屋に戻って来てくれ
   俺は生きて行けないのだから
   判るかなあ 俺が何度
   再たお前が傍に居る夢を見たか
   俺のモコシータ*よ
   そんなに邪険にするなよ
   俺を捨てないでくれ
もう一度お前に会いたい
モコシータ*よ 俺を捨てないでくれ
   お前に蔑(うと)まれると 俺は少しずつ死ぬのだ
*mocosita: 女性・女の子の俗な愛称のひとつ。moco は南米の俗語で鶏冠(とさか)とか取るに足りないものを指す。そのmoco の縮小辞

共同(コンベン)住宅(ティージョ)は静かに眠りについて
夜の静けさを破るものはなかった
その時聞こえた 遠くの暗がりで
一発の銃声が

隣人たちは 心配して駆け付けた
あのパジャドールのドラマの結末(なりゆき)を
予感していたから
そして見付けた
あのパジャドールが血にまみれて
ベッドに倒れているのを
そして誰かが聴いた
パジャドールが死ぬ前に
こんな風に歌うのを

   俺のモコシータ*よ
   俺を死なせないでくれ
   この部屋に戻って来てくれ
   俺は生きて行けないのだから
   判るかなあ 俺が何度
   再たお前が傍に居る夢を見たか
   俺のモコシータ*よ
   そんなに邪険にするなよ
   俺を捨てないでくれ
もう一度お前に会いたい
モコシータ*よ 俺を捨てないでくれ
   お前に蔑まれると 俺は少しずつ死ぬのだ

邦訳:大澤 寛