返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Mi ciudad y mi gente」(私の街 私の人々)
Letra y música : Eladia Blázquez (1931-2005)

セメントみたいに冷たく私に背を向けても
通り過ぎる私に無関心でも
ここは私の街 ここの人々は私のもの
私が そこで死にたいと思う場所

私の心のブエノスアイレスよ
お前の街の景色に勝る場所は無いだろう
そこで私は 来る日も来る日も 
不安と 靴底と 着るものをすり減らす
お前のものでない別の空の下では
私は 誇りを持って生きることは出来ないだろう
何故ならここでは タンゴが私を悩ませ 
誰かの手の暖かさがあるから
お金を稼ぐのは難しいことだから
私はお前に似ているから 誰が何と言おうと
ブエノスアイレスよ お前を私の街と呼ぶ

お前がセメントみたいに冷たく私に背を向けても
通り過ぎる私にお前が無関心でも
私はお前と お前の人々が好き
そしてその人々の中に 何気なくお前が居る
私が居る
私はお前に似ているから 誰が何と言おうと
ブエノスアイレスよ お前を私の街と呼ぶ

邦訳:大澤 寛

espalda : (ラ米・ラプラタ)4.運・運命・宿命
dar (volver) la espalda a ~ = ~に背を向ける・無視する
gastar : (l.p.) bromear, burlarse de alguien
suela : 靴底・靴の裏・裏皮
sin querer : 不注意で・何気なく・思わず・無意識に