返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Lejos de Buenos Aires」(ブエノスアイレスは遠く)
Letra : Óscar Rubens (1914-84) Música : Alberto Suárez Villanueva (1913-80)

苦しさに顔をゆがめ 老いて 悲しく 価値(ねうち)の無い俺
歩みは遅く 悩みを背負って行く
若い俺が華やぐのを見た あの町から遠く離れて
知らない町で 俺の心は暗くなる
俺の最期を看取るものはいない 誰も俺の悩みに構ってはくれない
誰も俺に親しくはしない 俺には苦しみがあるだけだ!
こうして俺は 戻って来た日から 果てしなく彷徨い歩く
狂った夢を求めて 何もかも全て捨てたとき

当てもなく彷徨いながら 
ふとあのタンゴのレコードを聴いた
ガルデルがよく歌っていた “おい もう一杯持って来てくれ” というやつを
そいつを聴いたら 昔のことを全て思い出した
あんなに楽しかった若い日
お袋 親しい仲間たち
捨てた可愛い女の子
思い出を連れて来るタンゴ!
俺のブエノスアイレス 泣きたくなるぜ!

ブエノスアイレスよ 俺の町よ お前の情緒(くうき)が懐かしいぜ
今 再た思い出すと 俺の心は痛むのだ

置き去りにすることが 捨てることが どうして俺に出来たのか!
優しさと安らぎを呉れた あの町の温もりを
俺が幸せに育つのを見ていた 親の小さな家を
俺に芽生えた恋心を カフェに集まる仲間たちを
甘い想い出の中に 全てが蘇る
そして 俺が捨ててきた物事を思うと
大粒の涙が零れてくる

だから 俺の心は震えるのだ
あのタンゴのレコードを聴くと
ガルデルがよく歌っていた “おい もう一杯持って来てくれ” というやつを
そいつを聴いたら 昔のことを全て思い出した
あんなに楽しかった若い日
お袋 親しい仲間たち
捨てた可愛い女の子
思い出を連れて来るタンゴ!
俺のブエノスアイレス 泣きたくなるぜ!

邦訳:大澤 寛