返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

ホーム フォーラム 資料掲示板 大澤寛のタンゴ訳詞集 返信先: 大澤寛のタンゴ訳詞集

匿名
無効

「Lejana tierra mía」 (遠き故郷)
Letra : Alfredo Le Pera (1904-35)     Música : Carlos Gardel (1890-35)

私の遠い故郷よ
お前の空の下で
お前の空の下で
いつか死にたいもの
お前に慰められて
お前に慰められて
いつも懐かしむお前の鐘の 
金色の音を聴きながら
お前の許に帰りついて
お前を見つめて
笑ったり泣いたり出来るだろうか

私の村の静けさを破るのは
ロミオの熱いセレナーデだけ
穏やかな銀色の月の下
花咲くバルコニーでは
愛の苦しみの噂と共に
そよ風が運んできた
誓いの言葉の囁きが聞こえた

そのバルコニーは今もある
花も 太陽も
しかしあなたは居ない
居ないのは あなただけ! 私の恋人よ
私の愛の遠い故郷
眠れぬ夜に どんなにお前を呼ぶことか
私の小さな星よ つぶらな瞳で言ってくれ
私の願いは叶うと
そして間も無く 愛する故郷に帰れると

邦訳:大澤 寛
Cuita : = pena 心配、苦労、悲しみ・苦悩  Las cuitas del joven Werther(「若きウェルテルの悩み」)
Asombro : 3.感嘆・驚嘆すべき事柄 4.(口語)幽霊・亡霊・お化け=aparecido